プロフィール

■ 1982年(昭和57年)3月5日生まれ(36歳)
■ 船橋市立葛飾小学校卒
■ 市川学園中・高(52期)卒
■ 慶應義塾大学文学部社会学専攻卒
■ トヨタ自動車株式会社(株)にて海外営業。
主に中国・香港で部品用品担当
■ 松下政経塾入塾。33期(2014年に選挙に向け中退)
■ 2015年千葉県議会選(船橋市)次点。
■ 地元のガラス会社にて、船橋市内の小学校・中学校備品修繕営業担当など
■ 自由民主党 参議院議員 元榮太一郎 秘書

 ①一歳の誕生日に

一歳の誕生日に
正義感の強い父、食育の社会起業家の母(西船で料理教室立上げ、現在銀座で400人の生徒さんに恵まれる) の影響で社会貢献意識を育んだのかもしれません。

 ②大学時代

大学時代
メディアを専攻。監督として映画作りに携わり、チームワークの大切さを学びました。

 ③トヨタ自動車時代

トヨタ自動車時代

「日本の素晴らしさを世界に伝えたい」という意気込みで2006年に日本の基幹産業である自動車業界に飛込む。しかし2008年にリーマンショックで会社は大赤字に転落。その後も民主党政権下で超円高・電力高・税高・自由貿易の遅れなど「7重苦」と言われ、韓国ヒュンダイに押された苦境時代、また米国でのリコール問題や東日本大震災への政府の対応稚拙さに危機感を感じ徐々に政治に傾倒。 最終的にトヨタの現地パートナーである中国国営企業社員に「もう日本は衰退国家。これからは中国の時代ですよ」という言葉に、政治家を目指すことを決意。

(左) 伝説のトヨタ車2000GT
(右)海外のトヨタ現地法人でマーケティングや物流・在庫改善など担当

 ④松下政経塾 時代

世襲でもない普通のサラリーマンが政治家になるには 「松下政経塾しかない」 という情報を得て受験を決意。 運良く合格し2012年に入塾。 以後、千葉県と日本の将来への危機感を胸に、政治の道を歩みだす。
(上)2012年の入塾直後 「まずは東北復興」 と、福島市のリンゴ農家にて除染作業
(下)日本の根本である「農業」体験!

2012年の入塾直後、まずは東北復興と、福島市のリンゴ農家にて除染作業

日本の根本である「農業」体験!

2015年県議選:自由民主党員・無所属

2015年4月の千葉県議会選挙に、自民党の公認推薦は得られず、無所属として出馬。準備不足ゆえにあえなく次点。

2015年県議選:自由民主党員・無所属

落選後、JC先輩の地元ガラス会社に雇っていただき、現場作業、小中学校への営業などして生計をたてることが出来ました。

(上)(下) 地元ガラス会社勤務時代。
JC先輩の地元ガラス会社に雇っていただき、現場作業、小中学校への営業

JC先輩の地元ガラス会社に雇っていただき、現場作業、小中学校への営業

 ⑤国会議員秘書時代

2016年の参議院選挙前から、大学の先輩であり、弁護士・実業家である、参議院議員 元榮太一郎先生の事務所にて秘書として活動させて頂きました。頂いた多くの学びを糧に、有為の人材を目指して精進して参ります。


元榮先生と

PAGE TOP