【大震災と人生を変えられた一通のメール】


大震災4年目の日でした。犠牲者の方々に心より哀悼の意を表します。
震災の日の事は、今でも鮮明に覚えています。

当時、トヨタの名古屋オフィス30階に勤めてた私は、その日の午前中から、これまで味わった事のないような目眩がして、上司に相談して午前中で早退して会社の寮に帰って休んでたところで2時46分を迎えました。

名古屋も、体験した事のないような地面がずれるような揺れで、初め目眩なのか地震なのか分からず、ロビーの水槽の水が揺れてるのを見て、大地震と認識したのを覚えてます。

東日本大震災が、政治家を目指そうと思った決定打でした。

前年の尖閣漁船衝突事件と、メドベージェフの国後訪問で怒り狂い、当時の政治家に任せてたら日本が潰される!と思い決心はある程度してましたが、震災で危機感がMAXに達し、もう何も迷わなかったのを覚えています。

その年の7月に松下政経塾に願書を出し、10月に合格通知を貰ってから、今の道を歩んで来ました。写真は、まだメールBOXに残っていた、人生を変えられた一通のメールです。

2011年は思い出深い年です。
志の転機の年として、今後もあの時の気持ちを忘れず、まずは天から与えられた来月の挑戦の機会に、全力でぶつかって行きたいと思います。

【千葉県政に挑戦!!】
■ つきたに岳大公式ホームページ
http://tsukitani.jp/
https://www.facebook.com/tsukitani
https://twitter.com/ttsukitani
■ アメブロ
http://ameblo.jp/takehiro-tsukitani/