【2014衆院選の争点~アベノミクス】



1976949_1574296806132876_5289282529970910612_n

本日も衆院選に張付きでした。

今回の選挙、争点は何でしょうか。
安倍総理がアベノミクス解散と名付けた通り、最大はやはり経済政策だと思います。そういう視点で各候補の演説を聞いていると面白いです。

民主党は、アベノミクスは失敗だと言って「人への投資」への方向転換を訴えています。
しかし、そもそもアベノミクスが失敗した原因を「今は企業が生産拠点を海外に移したから円安効果無く、逆に物価高で国民は苦しんでいる」と言いますが、それは民主党政権時代に超円高を放置してたからだろ、と当時製造業にいた自分からすると怒りを覚えて聞こえます。

また民主党時代にGDPが5%伸びて、アベノミクスより効果があったとアピールしますが、10%以上のマイナス成長が続いたリーマンショック直後に政権をとって、そこから比較して5%伸ばしたと誇られても説得力がありません。

「中間層の復活」と言いますが、具体的な施策や財源など内容は乏しく、残念ながら2009年から全然変わってないなという印象を持たざるを得ません。

また一方で、自民党のアベノミクス継続を100%支持するわけでもありません。
私はアベノミクスからの方向転換ではなく、これまでの経験を踏まえた部分的修正、補強が妥当なのではないかと思います。

金融緩和でデフレ脱却の期待感を持たせたまでは成功でした。ただ実質賃金の上昇が実感に至る前に、消費増税と過度な円安による物価高で消費マインドを冷やしてしまいました。

今後は、株高や円安の恩恵を受けない低所得者層や一般中間層に対する追加経済対策、また成長を押上げる規制緩和を初めとした第三の矢の中身と実行にも、いよいよ本腰入れて取組んで行かなければならない思います。

今回の衆院選を機に議論が深まり、更に力強く経済・財政政策を推し進め、日本の将来不安を吹き飛ばす政治が誕生する様、願って止みません。

【千葉県政に挑戦!!】
■ つきたに岳大公式ホームページ
http://tsukitani.jp/
https://www.facebook.com/tsukitani
https://twitter.com/ttsukitani