【沖縄慰霊の日に祖先を想って】



【沖縄慰霊の日に祖先を想って】

昨日は沖縄戦終結の70周年でした。戦争の犠牲者の方々に心から哀悼の意を表します。
実は私の祖先(母方の大伯父の戸澤清貴氏、写真)も沖縄戦の犠牲者です。といっても地上戦ではなく、旧帝国海軍の予科練出身で、昭和20年6月21日に当時珍しい新型の艦上攻撃機•天山での特攻で戦死しました。(享年17歳)

松下政経塾時代、初めて摩文仁の丘で大伯父の名前を見つけた時は感動しました。
実は特攻の日は、当初出撃予定だった方が体調不良で、代理での出撃だったそうです。戦後、生き残ったその方が摩文仁の丘にも名前を入れて下さったそうです。

しかし、元々進学ができる成績で周りから勧められてたのに、「待てません」と言って自ら予科練を選んだほど救国の想いが強かった人だったそうですから、嫌々の出撃ではなかったのだろうと思います。


【沖縄慰霊の日に祖先を想って】

私は大伯父の話を幼い頃から聞かされてたので、それも政治を志す潜在意識上のキッカケだったのかもしれません。
今年は戦後70年で、本当に節目の年だと思います。

本土の人の多くは未だ沖縄の方の心情をまだ理解できてない部分があるため、基地問題等も溝が埋まらない気がしております。
また安保法制という大変な転機でもありますが、日本の安全保障環境が劇的に変わってく中で、どうしていくのが日本国民の安全に一番資するのか、中身のある議論をして欲しいと思います。

これからまた更に8月にかけて、良く考えさせられる年となりそうです。

【千葉県政に挑戦!!】
■ つきたに岳大公式ホームページ
http://tsukitani.jp/
https://www.facebook.com/tsukitani
https://twitter.com/ttsukitani
■ アメブロ
http://ameblo.jp/takehiro-tsukitani/